賃貸管理の達人

住居用マンションを事業で使用したい。

投稿日:

賃貸管理の達人
おはようございます。ブログ不動産です。

今日は住居用建物を事業で使用したいって考えてる人にお伝えしたいことを記します。

 

住居用マンションを借りてお店をやりたい。

このようなお考えの方は相当数いらっしゃいますが

実は簡単に考えてはいけない問題なんですよ。

 

自分が借りているのに自由に使えないのか?

お客様はそのようにお考えになりますが

その契約書に使用目的が表記されています。

居住用とか住居と記載されてれば店舗などでの使用は契約違反とされるケースもあります。

契約違反となると敷金返還の際、違約金を支払うことになったりします。

気をつけてくださいね。

 

そもそも居住用と事業用と何が違うのか?って思われますが

まず、事業ゴミは家庭ゴミとは区別されますので

そのマンションのゴミ置場に搬出してはいけません。

看板の設置もできません。

不特定多数の人が常時出入りすることも居住用と異なる点です。

 

もし、居住用物件を事業(大小に関わらず)の用途で使用するなら

契約前に家主様、管理会社様の許可をもらい

契約書の使用目的欄に○○○の店舗としてなどと明記してもらいましょう。

 

これから大小に関わらず事業をして行こうとされる方は

自分のお客様の為にも堂々と目的を告げ、許可をいただいた上で事業を始めましょう。

 

 

 

★賃貸目的をきちんと契約書に表記してもらうこと

その他のおすすめ記事

-賃貸管理の達人

Copyright© ブログ不動産 , 2018 All Rights Reserved.