不動産仲介の侍

鍵の引渡し。

投稿日:

不動産仲介の侍
ブログ不動産の賃貸管理の達人でござる。
不動産仲介の侍
今日は、入居者様の鍵の引き渡しだった。お土産もいただきました。 弊社は、鍵の引渡しは現地にて行うことにしている。

不動産仲介の侍
その辺の決めたら最後の不動産屋とは面倒見が明らかに違う点だな。 では、その際どんなことをしているか?これをご紹介するので入居時の参考にしてほしい。

まずは、外回りの説明確認。

駐車場の位置確認。(前方駐車など指定がある場合もある。)

駐輪場の確認。(駐輪ステッカーのことなど)

ゴミ置場の確認。(搬出方法などの説明)

メールボックスの確認(実際に解錠方法を実演する。)

 

そして部屋に入り、主な設備のご説明。

エアコン、照明器具など。(実際に作動させます。)

止水確認(浴室・シャワー・洗面台・キッチンなど)

僅かだが止水不良…

最後に室内の傷などを確認(主だったところは写真撮影)

床に傷があります。

不具合箇所や傷は、管理会社への入居時チェックシートなどへ記入して提出します。

入居時チェックシートがない場合は、管理会社に連絡して相談してください。

 

一週間ぐらい生活した上で不具合箇所をまとめて修理依頼をする。これが大切です。

その都度連絡したら、何度も同じ業者に訪問してもらうことになったりの手間を考えてあげましょう。

 

これが弊社の一般的な賃貸の鍵渡しです。

 

 

★不具合はできるだけまとめて修理依頼をしましょう

その他のおすすめ記事

-不動産仲介の侍

Copyright© ブログ不動産 , 2018 All Rights Reserved.