不動産仲介の侍

店舗改装時に必要な許可(承認)

投稿日:

店舗改装工事をする時に覚えておくこと

 

お客様
店舗の改装工事をしたいのですが?

店舗の改装工事には家主さんの許可(承諾)や

管理組合の許可が事前に必要になります

契約書に記載されている通りの手続きが必要です!

 

 

家主・管理組合の許可(承諾)には時間が必要です

 

許可(承認)をいただくために工程表や平面図など作業内容がわかるような書面の提出が必要になります

施工業者に書面提出をご依頼ください

管理組合などでは所定の届け出と合わせての提出となる場合もあります

 

 

 

分譲賃貸は特に注意してください!

 

前項に掲示した届出書(申請書)などは

ご覧の通り「所有者」の署名捺印での申請となっています

工事発注者は賃借人(入居者)でも

管理組合への届出書(申請書)は所有者(家主)名で行うこともあります

その際は所有者(家主)へ届出書(申請書)への署名捺印をお願いすることになりますので

ここでも相当な期間をみておく必要があります

 

施工半月前までにはご連絡ください

 

このように一口で改装工事といっても

それぞれの物件で許可(承諾)の必要があります

電話一本で簡単に許可(承諾)をいただける物件もございますが

書面提出や届出書(申請書)の提出をしなければいけない物件

その届出書(申請書)の提出人が所有者(家主)でないといけない物件

それぞれの物件にそれぞれの約束事があります

そのためにももし改装の計画がある方は

事前に不動産屋にご相談することをお勧めします

 

せめて施工開始日の半月前には書面の作成をした上でご相談ください

 

 

不動産仲介の侍

なんでもないことのように思われるかも知れませんが

契約に則って進めていかないと

思わぬことからトラブルや契約解除に繋がるケースもございますので

事前によく不動産屋さんとご相談ください!

 

 

掲載数もたくさん宝の山

広島のテナント探しなら

『広島テナントサービス』

 

 

 

 

 

 

その他のおすすめ記事

-不動産仲介の侍

Copyright© ブログ不動産 , 2019 All Rights Reserved.