不動産仲介の侍

TATERU(タテル)

投稿日:

不動産仲介の侍

スルガ銀行(かぼちゃの馬車)事件に次いで

TATERU(タテル)の融資書類改ざん事件について語ります

投資用物件の建築販売を行う「TATERU」(タテル)は

購入希望者の融資銀行提出書類を改ざんしてローンを締結していたとのこと

道義的責任はあるのでしょうが

その改ざんを見抜けない金融機関というのもどうなんでしょうか❓

不動産業界では従前よりオーバーローンなどは当たり前です

現に改ざん書類で融資を受けた購入者も

賃貸経営が問題なく行われている人は喜んでいる

一部、当初予定通りに行っていない購入者が改ざんなどと騒いでいる

これは、融資の段階でストップがかかっていれば損をしないですんだってことです

うまくいってたら問題にしなかったってことなんでしょう

そもそも不動産投資にはリスクは付き物であり

そのリスクを遡って避けようとするってことの方が

甘い考えって考えますが・・・

いずれにしましても

『不動産ビジネスは素人が簡単にできるものではない』

これを肝に命じて欲しいと思います

 

その他のおすすめ記事

-不動産仲介の侍

Copyright© ブログ不動産 , 2018 All Rights Reserved.