賃貸管理の達人

決済延期の真実

投稿日:

賃貸管理の達人
おはようございます

ブログ不動産です

今日は先日の決済延期問題の原因・遠因を掘り下げてみました

 

【4月10日11:00 もみじ銀行三篠支店にて決済】

これが弊社側(売主側)と買主側仲介業者との決定事項でした

 

事の発端は4月9日から仲介業者と買主の連絡が途絶えたことです

その後も連絡は途絶えたまま・・・

仲介業者もその後は買主に連絡を控えた状況でした

 

①なぜ連絡は途絶えたのか?

②なぜ連絡を控えたのか?

 

①連絡が途絶えたのは

買主は着信があったことはわかっていたが

「融資が承認されたか?」の用件だと決めつけ

その後折り返す連絡を忘れてしまったとのこと

 

②仲介業者が連絡を控えたのは

何度も何度も連絡することにより追い込むような気がして

買主からの自発的連絡を待っていたとのこと

 

①の問題はまったく社会人として失格なバカな話です

連絡に折り返さない・決済日をなんと考えているのか・無責任ってことです

 

②の問題は自分のお客様のことのみ優先した考えからでた出来事です

しかし本当に買主の立場を考えればきちんと連絡を取り

決済日延期の理由をきちんと売主に連絡しなければ

買主の利益は保護されないとの考えが抜け落ちていると思います

 

連絡がないので契約を解除するってなったらどうするつもりだったのか?

このことが買主にとって最大の利益と思いますが・・・

 

弊社のお客様になっていただいた方にはわかる方もいらっしゃると思いますが

弊社はお客様の最大の利益を優先するために

ときにはお客様に厳しく対応させていただくこともあります

それはお客様の最大の利益を損なわないようにするための警告なんです

 

口当たりの良い甘い言葉だけがお客様のためではないのです

弊社はそう考えます

 

ということで決済は融資承認が降りてないのでひとまずは延期です。

4月11日以降のつなぎ融資利息は買主負担とさせていただきました

その他のおすすめ記事

-賃貸管理の達人

Copyright© ブログ不動産 , 2018 All Rights Reserved.